富山情報ビジネス専門学校

〈 2年制 〉

ロボット・IoT専攻

人とモノを繋ぎ、ロボット市場の
価値想像に携わるエンジニアをめざして。

中村 陽乃さん
富山県立高岡商業高等学校 出身

〈R2年度実績〉基本情報技術者
合格者数県内No1 !

〈8年連続〉就職内定100%!

検定合格に向けた対策勉強体制が充実していると思います。
社会人の私は会社からの要請で、情報分野の知識向上と検定合格を目的に入学しました。Bitは高度な検定合格に向けての対策勉強体制が充実して、未経験者でも検定合格のチャンスがあります。得た検定は必ず社会に出て自分の武器になりますので、Bitでぜひ自分だけの武器を磨いてください。私も一日も早く組織の更なる情報技術を支える人材になれるよう頑張ります。

こんな人におすすめ!

IT業界に就職したい人
コンピュータに興味がある人

目指す職業

ロボットエンジニア
IoTエンジニア

取得できる資格・検定

★…国家試験
★基本情報技術者試験
情報処理技術者能力認定試験
2級・3級
実践プログラミング技術者試験(Bronze)
IoT検定

教員紹介

山田 太先生(アルゴリズムとデータ構造、システム開発技法など)
山田 太先生
(担当科目:アルゴリズムとデータ構造、システム開発技法など)
今世の中のデジタル化はどんどん進んでいます。あらゆる場所でITエンジニアが求められています。一緒にITエンジニアを目指しませんか?

Bitの強み

IT業界で高く評価される
基本情報技術者を取得

IT業界でスタンダードとなる「基本情報技術者試験※」春・秋に行われる試験に向けて、合格するため、一丸となって取り組んでいます。長期休み中も講座を開講。また、午前免除の認定校でもあり、合格に向けた対策が充実しています。※Bitは基本情報技術者試験午前免除カリキュラムの認定校。この修了試験に合格する(修了認定の基準を満たす)ことによって、午前試験が免除されます。
IT業界で高く評価される基本情報技術者を取得

制御系言語Pythonを習得

Pythonは、今一番ホットなプログラミング言語です。文法は簡単ですが人工知能分野や制御系システムに使用されています。多くのアプリケーション開発にも使用されていて、YouTubeもPythonで作られています。
制御系言語Pythonを習得

ロボットやセンサーを使用したモノづくりを体験

ロボットを実生活に利活用するためのノウハウや、ハードウェア・ソフトウェアの仕組みを学びます。実際にロボットを組立て、プログラミングを行いロボットを使用した競技も行います。
ロボットやセンサーを使用したモノづくりを体験

IoT検定を取得でき、実践的活用能力が身につく

IoT検定は、技術的な視点だけでなく、マーケティングやサービスの提供、ユーザーの視点から必要となるカテゴリ、スキル要件などを網羅し、それぞれの立場でIoTを企画・開発・利用するために必要な知識があることを認定します。IoT検定には、企業や社会で評価されるという価値だけでなく、多くの魅力があります。※IoT検定ホームページより抜粋
IoT検定を取得でき、実践的活用能力が身につく
IoT検定を取得でき、実践的活用能力が身につく

カリキュラム

ロボット・IoT専攻カリキュラム

時間割(1年次前期)

MON TUE WED THU FRI
1限 9:00〜
10:30
アルゴリズムと
データ構造IA
情報処理
演習IA
コンピュータ
概論IA
コンピュータ
概論IA
システム開発と
情報化IA
2限 10:40〜
12:10
選択言語
演習IA
選択言語
演習IA
VB基礎IA システム開発と
情報化IA
VB基礎IA
3限 13:00〜
14:30
アルゴリズムと
データ構造IA
DB入門IA プログラミング
演習IA
4限 14:40〜
16:10
NIB IA
1限 2限 3限 4限
9:00〜
10:30
10:40〜
12:10
13:00〜
14:30
14:40〜
16:10
MON アルゴリズムと
データ構造IA
選択言語
演習IA
TUE 情報処理
演習IA
選択言語
演習IA
アルゴリズムと
データ構造IA
NIB IA
WED コンピュータ
概論IA
VB基礎IA DB入門IA
THU コンピュータ
概論IA
システム開発と
情報化IA
プログラミング
演習IA
FRI システム開発と
情報化IA
VB基礎IA
2021年度カリキュラム(例)

DCAポリシー

当校では、専攻ごとに
以下の3つのポリシーを定めています

  1. 1 D:ディプロマポリシー(卒業認定・称号授与の方針)
  2. 2 C:カリキュラムポリシー(教育過程編成・実施方針)
  3. 3 A:アドミッションポリシー(入学者に関する受入れ方針)