ホーム » 学科・コース » 医療事務学科

医療事務学科

医療事務学科

「医療事務学科」と「診療情報管理士専攻学科」の違いって?

医療事務員と診療情報管理士の場合

たとえば銀行の業務を行うのに必要なのは、
事務のスペシャリスト情報管理のスペシャリスト

診療情報管理士専攻学科

▲クリックすると拡大します

学科紹介

高品質な実習体制と充実の設備で、資格取得と即戦力人材を育てます。

医療機関の受付から会計までの仕事「診療報酬請求事務(レセプト業務)」を行うのが、医療事務です。保険制度や医療費の負担額計算、保険適用金額の請求などの専門知識と資格が必要です。Bitでは学生のノートパソコンに現場で使用されているソフトをインストールし、授業を実施。また、医療機関での実習もあり、就職内定率は100%です。プラス1年の履修で診療情報管理士をめざすこともできます。

学びのポイント

学生のノートパソコンに医療事務現場で使用するソフトを導入!

学生のノートパソコンに
医療事務現場で使用するソフトを導入!

学生個人のノートパソコンには、医事コンピュータの授業で使用するソフトが入っているため、自宅での勉強も可能です。ソフトは医療現場で実際に使用されているもの。就職後、即戦力としての活躍が期待されます。

2年後、就職と進学が選べる!

2年後、就職と進学が選べる!

医療事務学科では、2年間で医科・歯科・調剤・介護・ドクターズクラークの検定合格に挑戦します。その後、総合病院やクリニック、歯科医院、調剤薬局等、医療機関への就職をめざします。また、さらにスキルアップを図る場合は、診療情報管理士専攻学科へ進学することもできます。Bitでは、2年間の医療事務学科を卒業後、診療情報管理士専攻学科で1年間勉強することで、より多くの資格が取得できます。

実績豊富なBitならではのハイレベルな実習体制。

実績豊富なBitならではの
ハイレベルな実習体制。

1年次の春休みに医療機関で実習を行います。実習先は自分の興味・関心のある医療機関や施設等で実施することができます。実習に向けて、担当者と直接打ち合わせを行い実習がスタートします。事前指導をしっかり行うので安心です。

患者様の気持ちに寄り添った看護のあり方を学ぶ。

患者様の気持ちに寄り添った
看護のあり方を学ぶ。

医療事務学科の目標は、患者様の気持ちを知り、一人ひとりに応じた接遇ができる人材を育成すること。学んだことが実際の勤務先となる様々な施設で活かされるよう、正しい患者応対を身につけていきます。

他校にはない実習施設で現場さながらの実践的な授業。

他校にはない実習施設で
現場さながらの実践的な授業。

歯科の授業では、校内に歯科助手実習室を完備しています。歯科医師が講師を務める本格的な内容です。授業ではレセプトの作成はもちろんのこと、歯科助手の基本も学べます。

ディプロマポリシー

1. 専門知識
  1. (医科)医療保険制度・診療報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  2. (歯科)医療保険制度・診療報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  3. 調剤報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  4. 介護保険制度の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  5. ホスピタリティマインドを意識し、必要な技能を習得している
  6. 秘書の職務について理解し、専門的な知識・技能を習得している
2. 意欲
  1. 医療現場を事務面からサポートする専門家としての意識を持っている
  2. 診療報酬改定等、常に新しい情報を入手する自己研鑚意識を持っている
  3. 患者主体の精神に基づき、幅広く業務を遂行する意識を持っている
3. コミュニケーション能力
  1. 患者主体の精神に基づき、常に傾聴姿勢にて接することができる
  2. 物事を前向きにとらえるよう努力し、心身共に健康であることができる
  3. スタッフ間の連携を目的に、常に報告・連絡・相談を実践できる

在校生の声

市川 綾香 さん

患者様の気持ちを理解し、笑顔の素敵な医療従事者に。

(富山県立富山商業高等学校出身)

高校の先生からの勧めもあり、2年間の医療事務学科での勉強を経て、医療事務の高資格とされている診療情報管理士の資格が取得できることからBitを選びました。先生に気軽に相談できる学校環境が気に入っています。クラスの副委員長を任され、責任感が増すとともにコミュニケーション能力もアップ。資格取得だけでなく、社会人としてのマナーやスキルアップをめざしたいです。

在校生写真

© 2013 Bit All Rights Reserved.