ホーム » 学科・コース » 医療事務学科

医療事務学科

医療事務学科

学科紹介

患者様一人ひとりに応じた接遇ができる、医療事務員をめざして。

医療機関の受付から会計までの仕事「診療報酬請求事務(レセプト業務)」を行うのが、医療事務です。保険制度や医療費の負担額計算、保険適用金額の請求などの専門知識と資格が必要です。Bitでは学生のノートパソコンに現場で使用されているソフトをインストールし、授業を実施。また、医療機関での実習もあり、就職内定率は100%です。プラス1年の履修で診療情報管理士をめざすこともできます。

Bitはここが強い!

就職に差がつく!

2年後、就職と進学が選べる。さらなる資格を手に入れて、キャリアアップを目指せる!
患者様に対する接遇力を身につけ、秘書技能検定2級・準1級に挑戦!

就職に直結した実習

実習先は自分で選んで決める!興味・関心のある医療機関や施設へ。
実習先に就職するケースも多数!
卒業前に、内定先で実務研修ができる!

充実の設備

校内に本格的な歯科助手実習室を完備。
実際に医療現場で使用されているソフトを学生のノートパソコンに導入。自宅学習も可能に!

検定対策授業では「教えあう」をテーマに全員合格をめざす。

検定対策授業では「教えあう」をテーマに全員合格をめざす。

1年次11月に行われる「医療事務管理士技能認定試験(医科)」の合格に向けて、検定対策授業を行っています。
医療事務管理士技能認定試験・調剤事務管理士技能認定試験 合格率100% !(平成29年度実績)

医療事務学科を卒業後、進学し「診療情報管理士をめざす」選択肢

医療事務を学んだ後、就職または進学を選ぶことができます。
実際に授業や実習を経験してから、進学への道を決めても遅くはありません。

マナーや接遇を学ぶ秘書実務の授業

マナーや接遇を学ぶ秘書実務の授業

秘書技能検定2級、準1級の合格を目指し、挨拶の仕方から文書の作成までビジネスの場で活かせる知識を学びます。

ディプロマポリシー

1. 専門知識
  1. (医科)医療保険制度・診療報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  2. (歯科)医療保険制度・診療報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  3. 調剤報酬の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  4. 介護保険制度の仕組みを理解し、算定請求技能を習得している
  5. ホスピタリティマインドを意識し、必要な技能を習得している
  6. 秘書の職務について理解し、専門的な知識・技能を習得している
2. 意欲
  1. 医療現場を事務面からサポートする専門家としての意識を持っている
  2. 診療報酬改定等、常に新しい情報を入手する自己研鑚意識を持っている
  3. 患者主体の精神に基づき、幅広く業務を遂行する意識を持っている
3. コミュニケーション能力
  1. 患者主体の精神に基づき、常に傾聴姿勢にて接することができる
  2. 物事を前向きにとらえるよう努力し、心身共に健康であることができる
  3. スタッフ間の連携を目的に、常に報告・連絡・相談を実践できる

先輩の声

本谷 あてね さん

富山県済生会富山病院 健康管理センター 医療事務員

安心と信頼を届けられる医療事務員に

医療事務員は、患者様にとって病院の顔となる存在です。受付や会計等で患者様と接する上で印象良く感じていただけるよう「秘書」の授業では様々な接遇力を身につけました。身につけたことは就職活動や日常生活にも活かすことができ、今でも教材を大切に使っています。学校生活の中で同じ目標を目指す仲間と助け合い、笑顔を絶やさない素敵な医療事務員になってほしいです。

先輩写真

在校生の声

柴田 智花 さん

富山県立氷見高等学校 出身

資格をたくさん取得でき、充実しています

常に笑顔で気配りができ、患者さんの不安を少しでも和らげられる医療事務員を目指しています。医療事務員として必要な資格の取得や、社会人としてのビジネスマナーなどをしっかりと身につけ、社会に出てから即戦力として働けるよう頑張ります。

在校生写真

先生からのメッセージ

学科担当 内山 智恵子 先生

医療事務は、病院の基盤となる大切な仕事です

「学生がわからないのは教員の責任」をいつも心がけています。学生同士が“教えあう”授業展開を大事にしており、楽しく活発な雰囲気の授業にしていきたいと思っています。ドクターの過重労働が問題になっている今、ドクターの事務作業を補助する「ドクターズクラーク」の需要が増えるなど、総合病院への就職実績も確実に増えています。ぜひBitで一緒に頑張ってみませんか。

先生写真

© 2013 Bit All Rights Reserved.