ホーム » 学科・コース » 日本語学科

日本語学科

日本語学科

学科紹介

日本語を学び、様々な分野で日本と諸外国をつなぐ架け橋になりたい。

日本に留学した皆さんが、外国語としての日本語を修得し、諸外国との経済、文化、学術等の友好的交流を促進する人材に育つことをめざします。日本と世界各国とのブリッジ=掛け橋となり、ひいては互いの国益にかなう人材となるよう、その基礎となる日本語とマナーをしっかりと身につけていきます。

Bitの強み

日本語を身につける

大学進学を目指す外国籍の方にピッタリ!
自主学習がしやすいよう、豊富な参考書を用意。

異文化コミュニケーション

日本の生活で必要な知識もしっかり学べる。
日本人学生との「交流授業」でコミュニケーション能力がぐんとアップ。

ディプロマポリシー

1. 専門知識
  1. 日本語能力試験 N3以上に合格できる
  2. 日本語で短文を速読し、質問に100%答えられる
  3. 面接の基本的な質問に対応できる
  4. 日本語で自分の意見を話すことができる
  5. 日本語で400字程度の小論文を書ける
  6. 大学進学者は日本留学試験(日本語・総合科目・数学・小論文)において全国平均を上回る
2. 意欲
  1. 自分の進学先について専攻科目に対する目標意識が明確である
  2. 自律学習が定着している
3. コミュニケーション能力
  1. 公的意識に優れ、学校活動を主体的に行う
  2. 報告連絡相談が詳細にできる

先輩の声

NGUYEN NGOC HOANG KHIEM(グエン ゴック ホアン キエン) さん

富山大学経済学部大学院生

夢は、日本で自分の会社を立ち上げること!

兄が富山大学生で富山の話はよく聞いており、富山への印象がよかったためBitに入学を決めました。富山は水道水も美味しく、物価も安いので住みやすい所です。Bitの先生たちは日本語の指導はもちろん、生活の指導やアルバイトの紹介など、とても親身に相談にのってくれます。進学の際も、書類の書き方や文法など細かく指導いただきました。大学院卒業後は富山で就職し、いずれは日本で自分の会社を持つことが夢です。自分の可能性を信じ、夢を叶えるためにこれからも努力していきます。

先輩写真

学生の声

TAN CHAN MAY(タン チャン マイ) さん

ベトナム出身

授業がとても分かりやすいです

着物や桜、食べ物など日本の文化が大好きです。ベトナムには日本の企業がたくさんあるので、日本語が話せるようになりたいと思うようになりました。笑顔で明るく接することができる通訳者を目指しています。

在校生写真

先生からのメッセージ

学科担当 折田 真一 先生

富山でもっとも充実した日本語教育機関です

現在はベトナムからの留学生が多く、みんな明るくとても元気です。経験豊かで教育力が抜群の教員が揃っているので、今後は、ミャンマーやインドネシア、バングラデシュ、フィリピンなどさまざまな国からの学生を受け入れていきたいです。日本語学科は富山でもっとも充実した教育環境の日本語教育機関。ぜひ一度見学にきてください!

先生写真

© 2013 Bit All Rights Reserved.