ホーム » 学校紹介 » 学校紹介

学校紹介

自分づくり 教育方針

総合的な人間力を備えた人材を、社会へ送り出す。

教育方針の3つの柱となる、知識の向上・意欲の向上・コミュニケーション能力の向上。 これら3つの要素を別々に教えるのではなく、当校独自のカリキュラムの中で互いにリンクさせ、相関しながら学生たちの頭と心、体に体得させていきます。
社会性・創造性・国際性豊かな「総合的な人間力」を備えた人、そして感謝の気持ちをきちんと表せる人材を社会に送り出すことが、Bit の役目です。

建学の精神

1.質実にして明朗な人格形成
1.専門的な学問とその応用を通して社会に貢献する人格形成

教育目標

つくり、つくりかえ、つくる。

教育方針 Educational idea

知識の向上(スペシャリスト)、意欲の向上(エキサイティング&チャレンジ)、コミュニケーション能力の向上の3つの柱を教育方針の基本としています。

校長の言葉

発明や新しい技術の到来で仕事がなくなることは、今に始まったことではありません。 駅の改札では駅員さんはいなくなり、地方でも自動改札口がほぼ当たり前になりました。 銀行の窓口も減り、ATMが代役を務めるのみならず、ネットバンキングまで出始め、 今では銀行ローンは銀行マンの仕事ではなくインターネットで契約が完結するサービスも当たり前になりました。 「10年後の2030年ぐらいは、もう今とはビジネスの形が全く変わっているのではないだろうか。」 このようなコメントは国内外の多くの研究者や実業家が論述していますが、皆さんはこれを信じますか? 皆さんの10年後はどのような社会になっていると思いますか? 皆さんの仕事は?
世界の人口約76億人のうち約51億人(67%)がスマホユーザーで、SNSのユーザーが30億人(40%)もいるそうです。 GAFA (google,amazon,face book,apple)と呼ばれる巨大なデジタルテクノロジー企業が、流通や小売り業界のみならず、 基幹産業である自動車産業までも新しい経済空間に巻き込もうとしています。 そして、そのように環境が大きく変化する中で、日本企業の人材育成は大きく転換することを余儀なくされているといわれます。
富山情報ビジネス専門学校は、今日そして10年後に変わりゆく社会に向けて、教育のあり方をより高度化させるチャレンジを開始しました。 それは、地域課題の側から展開する考え方を職業教育のコンセプトとし、「地学一体=地域課題解決拠点としての教育・研究機関を目指す」ということです。
教育理念の「知行合ー」は、学んだことを通し、地域課題に好奇心を持ち、試行錯誤しながら課題解決に取り組み、 それを発表するというプロセスを繰り返す実践的教育であると考えています。

校長写真

富山情報ビジネス専門学校 校長
浦山 哲郎

スクールマーク

スクールマーク

Business Information Technologyの頭文字からとったBitは、コンピュータにおける情報の最小単位「ビット」という意味も含まれています。現在最先端のコンピュータ技術もすべて「ビット」が基本・始まりとなっていて、「ビット」の組み合わせで数字や文字を表現しています。
当校も、最先端の応用知識・技術等はもちろんマナーをはじめとした基本をもしっかり教育できる機関でありたいという思いが込められています。

学校法人浦山学園 USP

オープンキャンパス&
学校説明会 日程

オープンキャンパス日程

  • オープンキャンパス:8月25日(日)
  • オープンキャンパス:9月7日(土)

詳細はこちら

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

富山情報ビジネス専門学校のパンフレットや学生募集要項をご希望の方はこちらから。

職業実践専門課程

情報公開

  • 学校法人 浦山学園 学園本部
  • 富山福祉短期大学
  • 金沢中央予備校

資格の学校TAC[タック] 富山校

© 2013 Bit All Rights Reserved.